豊胸手術のエトセトラ

   

ダブルトリートメント豊胸手術ってどんなの?

豊胸手術を行って胸を大きくしたいと考えた時に病院選びからその方法について調べると思いますが、その手術の中でもダブルトリートメント式というのがあります。ダブルトリートメントはシリコンを胸の中に入れて大きく見せる手術なのですが柔らかさと美しさを徹底的に研究して、研究の末に実現することが可能になりました。
ダブルという言葉はこの美しさと柔らかさの2つの意味が入っています。
シリコンを入れるのは数たくさんありますが、その中でも本当に本物の胸に近い感触をより近づけることができるのがこのダブルトリートメントです。シリコンを体の中に入れるのは以前にシリコンが体内で破損があったり、流出により体の中に害が起きたりする事件も少ないですがあります。その心配もこれならありませんし、何より本物に近いというのが女性はかなり嬉しいのではないでしょうか。どんなに上手い名医がやったとしてもたまに、異物反応が体に出てしまいシリコン周辺に膜が張ってしまうことがあります。膜が張ってしまうと収縮が体の中で起きてしまい最初は柔らかかったのにどんどん固くなってしまうんです。その確率を減らす方法がこのダブルトリートメントです。
実際に体験した人の中で胸が固くなってしまったという人はたったの5%だけという結果があります。本来のやり方で行った場合は20%の人が固くなってしまったのでそれに比べると15%の確率を減少させることができています。
手術を行うときは1度では終わることはなくて2度に分けて行う特徴がありますが、これもより良い出来にするために必要だから時間はかかりますしお金も他の方法に比べて高いです。その点のデメリットがありますが、一度行ってしまえばもう一度やることはないので将来的に考えるとこの方法のほうがお得です。
費用は約160万円かかります。その費用の分本物の胸に近いナチュラルさを手に入れることができますし、自然に胸を揺らすことだってできてしまいます。柔らかさも本物のように保つことができます。2回行うのはなぜかというときちんと理由があり、豊胸手術の不確定要素としてカプセル拘縮が起こってしまう場合があるのでそれをなくすために2度に分けて行います。
手術方法としては希望のサイズよりも1、2周り小さいサイズのシリコンを胸部分に挿入して組織を伸ばします。
これはまず前段階なので後で取り外すシリコンです。
まずは挿入するまでを1回の手術とします。それから3か月たってから次の2度目の手術を行います。
その間にシリコンが体になじんで皮膚が形成されていきます。しっかり時間をかけることによってカプセル拘縮を起こさないようにします。3か月後に挿入したものを取り外しますが、その祭には形成された皮膚は残しておきます。
そしていよいよこれからお世話になるシリコンを胸に入れていきます。きちんと消毒はされているので安心してください。ここで手術は終わりで後は出来上がりをご自分の目で確かめるだけです。皮膚が大きいのでシリコンが体の動きにしっかり反応してなめらかで本物の胸のように動きます。
まだまだ流行っていない方法で最新の豊胸手術ではありますが、今後は増加していく傾向があります。
ダブルトリートメントは身体にも害がほとんどありませんし、時間はかかる分安定した胸を手に入れることができるんです。費用もそれなりにかかるので迷う人も多いですが、今後のことを考えるとこの方法でやっておいたほうが良いです。豊胸手術も日々進化していっている中なのでダブルトリートメント以外の手術でもっと良いものがいつか出る可能性は大いにありますが、現在ではこの手術に勝るものはないと言えます。

しこり , ダブルトリートメント , トラブル , バッグ挿入法 , リスク , 触り心地 , 豊胸手術 , 金額