バストグロウは注目されている豊胸手術

豊胸手術は欧米ではポピュラーですが、最近は日本でも手術を受ける女性が増えています。
胸を大きくする施術方法には様々な方法がありますが、よく知られているのがヒアルロン酸注射を使った方法です。
ヒアルロン酸注入はメスを使わないプチ整形のひとつで、施術時間は15分から30分と短く仕事を持っていても気軽に受けることができます。
ヒアルロン酸を注入するとバスト全体が大きくなり、谷間を作ることもボリュームを出すことも可能です。
左右のバランスが悪い胸を美しく整えることもできます。
ヒアルロン酸は様々種類がありますが、美容クリニックで人気を博しているのが低吸収ヒアルロン酸です。
分子が大きいため体内に吸収されにくいのが特徴になっています。
5年から10年程度の持続期間が期待できるので、従来の吸収型ヒアルロン酸よりも効果が長持ちします。
ヒアルロン酸はもともと体の中にある成分で、ムコ多糖類の一種です。
アレルギーの心配がない安全な成分で、保湿化粧品やサプリメントなど様々な商品に使われています。
ヒアルロン酸は胸筋と乳腺の間に注入することが多いです。
胸筋と乳腺の間は、ヒアルロン酸をあまり吸収しないので注入には理想的な部位になります。
うすく広がるように注入していくことで、効果が長持ちします。
注入してしばらくすると生体機能により傷跡組織が皮膜を作ります。
この皮膜は他の組織との接触を妨げるので吸収が遅くなります。
吸収が遅くなることでバストアップ効果も持続します。
皮膜が形成されることで液状のヒアルロン酸が動くため、自然な流動性が生じ触り心地も柔らかになります。
多くの美容クリニックで人気メニューとして施術が行われているヒアルロン酸注入ですが、最近は新しい豊胸術も注目を浴びています。
バストグロウは従来の豊胸術とは異なり、バストを成長させます。
胸に何かを注入してバストアップするのではなく、胸の組織を成功させるものを注入していきます。
ダウンタイムもなく安全で半永久的な豊胸術になります。
バストグロウには様々なメリットがあります。
切らない方法なので痛みが少ないです。
液体の豊胸溶液を注射針で組織に注入していきます。
皮膚を切らないため、痛みは少ないです。
採血のときに使う注射針を使用し、15分ほどで施術は終了します。
局部麻酔は不要で、施術後は徐々に脂肪組織が増えていきます。
バストグロウは、思春期時代のバストの成長を再度発生させます。
思春期になると女性は体が変化します。
女性ホルモンの分泌が多くなり、バストの成長がわかるようになります。
ホルモンの作用には2種類あります。
ひとつはホルモンの血中濃度が高くなることで、もうひとつは影響を受ける組織がホルモンに反応することです。
バストグロウはホルモン補充療法と同様の手法で女性ホルモンの血中濃度を上げます。
バスト組織には成長因子を補充して豊胸効果を得ます。
バストグロウの施術を受けたい場合は、まずクリニックに予約を入れます。
電話や公式ホームページの専用フォームを利用して予約の申し込みをします。
治療前にはカウンセリングがあり、施術や料金についての説明があります。
施術について不安な点があれば、カウンセリングのときに相談することができます。
医師からの説明に納得して施術をすることが決まったら、採血を行います。
血液から成長因子を取り出してバストグロウの成長因子に加えます。
患者自身の血液から成長因子を補充することで、処置費用を抑えることができます。
バストに麻酔クリームを塗りますが、麻酔クリームは注射の痛みを軽減するものです。
麻酔が終わったらバストに成長因子製剤を注射します。
最後にホルモン製剤を注射して処置を終えます。