ホーム 運営者情報 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

バストグロウは注目の豊胸手術

豊胸手術は欧米ではポピュラーですが、最近は日本でも手術を受ける女性が増えています。胸を大きくする施術方法には様々な方法がありますが、よく知られているのがヒアルロン酸注射を使った方法です。

ヒアルロン酸注入による豊胸

ヒアルロン酸注入による豊胸はメスを使わないプチ整形のひとつで、施術時間は15分から30分と短く仕事を持っていても気軽に受けることができます。
ヒアルロン酸を注入するとバスト全体が大きくなり、谷間を作ることもボリュームを出すことも可能です。左右のバランスが悪い胸を美しく整えることもできます。ヒアルロン酸は様々種類がありますが、美容クリニックで人気を博しているのが低吸収ヒアルロン酸です。分子が大きいため体内に吸収されにくいのが特徴になっています。5年から10年程度の持続期間が期待できるので、従来の吸収型ヒアルロン酸よりも効果が長持ちします。
ヒアルロン酸はもともと体の中にある成分で、ムコ多糖類の一種です。アレルギーの心配がない安全な成分で、保湿化粧品やサプリメントなど様々な商品に使われています。ヒアルロン酸は胸筋と乳腺の間に注入することが多いです。
胸筋と乳腺の間は、ヒアルロン酸をあまり吸収しないので注入には理想的な部位になります。うすく広がるように注入していくことで、効果が長持ちします。注入してしばらくすると生体機能により傷跡組織が皮膜を作ります。この皮膜は他の組織との接触を妨げるので吸収が遅くなります。吸収が遅くなることでバストアップ効果も持続します。
皮膜が形成されることで液状のヒアルロン酸が動くため、自然な流動性が生じ触り心地も柔らかになります。

バストを成長させる成長因子による豊胸術

多くの美容クリニックで人気メニューとして施術が行われているヒアルロン酸注入ですが、最近は新しい豊胸術も注目を浴びています。バストグロウは従来の豊胸術とは異なり、バストを成長させます。胸に何かを注入してバストアップするのではなく、胸の組織を成長させる成長因子を注入していきます。
ダウンタイムもなく安全で半永久的な豊胸術になります。
バストグロウには様々なメリットがあります。
切らない方法なので痛みが少ないです。液体の豊胸溶液を注射針で組織に注入していきます。皮膚を切らないため、痛みは少ないです。採血のときに使う注射針を使用し、15分ほどで施術は終了します。局部麻酔は不要で、施術後は徐々に脂肪組織が増えていきます。
バストグロウは、思春期時代のバストの成長を再度発生させます。思春期になると女性は体が変化します。女性ホルモンの分泌が多くなり、バストの成長がわかるようになります。ホルモンの作用には2種類あります。ひとつはホルモンの血中濃度が高くなることで、もうひとつは影響を受ける組織がホルモンに反応することです。バストグロウはホルモン補充療法と同様の手法で女性ホルモンの血中濃度を上げます。バスト組織には成長因子を補充して豊胸効果を得ます。

注入する注射液には、乳腺を増殖させる成長因子と、皮下脂肪を増殖させる成長因子を使用します。どちらの成長因子も、バストが育つために有効な形にしたうえで配合します。ここが成長再生豊胸の特徴でもあり、優れた点でもあるのですが、医薬品を添加し、2つの成長因子が効率よく働ける濃度に調整しておくのです。 注入する場所はバストの皮下脂肪層。ここに最適な形、そして最高の配合をされた成長因子が与えられることで、乳腺と皮下脂肪の成長が促されていきます。ただし、成長のきっかけをつくるには、女性ホルモンの指令が必要です。 そのために、「バストを大きくする」という指令を下す女性ホルモンを注射します。すると、乳腺の発達と脂肪の増殖が始まり、バストの容量が徐々に増えていくことになります。

引用元:成長因子が成長期のようにバストを育ててくれる

バストグロウが気になる人はクリニックに予約

バストグロウの施術を受けたい場合は、まずクリニックに予約を入れます。電話や公式ホームページの専用フォームを利用して予約の申し込みをします。治療前にはカウンセリングがあり、施術や料金についての説明があります。施術について不安な点があれば、カウンセリングのときに相談することができます。
医師からの説明に納得して施術をすることが決まったら、採血を行います。血液から成長因子を取り出してバストグロウの成長因子に加えます。患者自身の血液から成長因子を補充することで、処置費用を抑えることができます。
バストに麻酔クリームを塗りますが、麻酔クリームは注射の痛みを軽減するものです。
麻酔が終わったらバストに成長因子製剤を注射します。最後にホルモン製剤を注射して処置を終えます。

バストグロウは、これまでの豊胸術とは違い、「バストを成長させる」というコンセプトを基にした豊胸術です。バストの成長を促す「成長因子」と「ホルモン」の働きによって、自分の乳腺と皮下脂肪が、思春期の時のように成長して大きくなっていきます。

引用元:バストグロウの内容・効果

最終更新日

バストグロウ , 日帰り , 痛み , 豊胸手術

    名称池田ゆう子クリニック
    詳細池田ゆう子先生が直接施術を担当し、女性院長だから女性のバストの悩みに親身に対応してくれます。
    2002年の開業から当時まだあまり普及していない手術方法だった脂肪注入法豊胸手術を行っており1万件以上の実績があります。豊胸術の専門クリニックなので、豊胸メニューが豊富。バッグ抜去の相談もできます。
    詳細
    施術ノーマルバストアッププラン
    バストリアッププラン
    美乳プラン
    ステップアップバストアッププラン
    バストエイジングケアプラン
    プチ豊胸
    値段ノーマルバストアッププラン:75万円~(脂肪吸引個所数による)
    美乳プラン:50万円
    ステップアップバストアッププラン:228万円
    バストエイジングケアプラン:75万円~
    プチ豊胸:10cc 20,000円
    ※全て税別
    カウンセリング費用ドクターカウンセリング:無料
    備考モニター制度あり
    所在地東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
      名称新宿御苑美容クリニック
      詳細新宿御苑美容クリニックでは、小さい・左右非対称といったバストサイズのお悩みから 乳首・乳輪などバスト全般に関するご相談ができます。専門ドクターが在籍しており 東京、埼玉以外の遠方から通う方もいる人気のクリニックです。ダウンタイムの少なく、注入する箇所を調整することで自由にバストラインを形成する事ができるヒアルロン酸注入をおすすめしています。
      詳細
      施術ヒアルロン酸豊胸注射
      値段ヒアルロン酸豊胸注射(10cc~50cc注入場合):1cc 3,800円
      ヒアルロン酸豊胸注射(50cc~100cc注入の場合):1cc 3,500円
      ※全て税別
      カウンセリング費用別途、麻酔代・手技料がかかります。
      備考豊胸ヒアルロン酸注入に力を入れており、バストラインの形成や左右差などのお悩みにお応えしてくれます。
      所在地東京都新宿区新宿2丁目3-16 ライオンズマンション御苑前105号
        名称ガーデンクリニック
        詳細女性のお悩みのバストは形や大きさ、左右差など、様々な種類があります。患者様のご希望のライフスタイルに合わせた方法をご提案し、こだわりの美しいバストラインを形成する提案をしてくれます。脂肪注入法が3種類あり、特殊フィルターを通した純度の高い脂肪で脂肪細胞の劣化を抑える「ピュアグラフト豊胸」、専用注入器で脂肪を注入して定着力を高める「プレミアム豊胸」、遠心分離機にかけて濃縮した脂肪細胞を注入する「コンデンスリッチ豊胸」を行っています。
        詳細
        施術ヒアルロン酸注入による豊胸
        脂肪の注入による豊胸
        プレミアム豊胸
        ピュアグラフト豊胸
        コンデンスリッチ豊胸
        シリコンバッグによる豊胸
        値段ヒアルロン酸注入による豊胸:60cc(両胸)/400,000円
        脂肪の注入による豊胸:400,000円~1,600,000円+脂肪吸引代
        シリコンバッグによる豊胸:1,000,000円~1,300,000円
        ※全て税別
        カウンセリング費用初診料:無料
        備考モニター割引あります。
        アフターケアも万全で、術後の痛みやダウンタイム軽減効果が期待できる、CETインディバ高周波を使った高周波温熱療法を2ヶ月間受けられます。
        所在地東京都豊島区南池袋 2-26-6 島倉ビル 3・4F他新宿、品川、横浜、名古屋、大阪、福岡