ホーム 運営者情報 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

失敗したくない豊胸手術。手術前のリスクを知ろう!

多種ある豊胸手術 費用やリスクは、それぞれ

バストが小さくて悩んでいる人や、形が嫌で悩んでいる人の理想をかなえるものとして、豊胸手術が挙げられます。豊胸手術の種類にもさまざまなのが挙げられますが、それぞれに費用やリスクなども大きく異なります。失敗談も事前にチェックすることによって、自分に合った豊胸手術を選んで後悔せずに済むことでしょう。

ヒアルロン酸の注入による豊胸術

まず最初に豊胸手術の種類としては、ヒアルロン酸注入の豊胸術が挙げられます。これは注射器を使い乳腺の下にヒアルロン酸を注入する手術です。カップは1から2カップほど大きくすることができるでしょう。ヒアルロン酸注入と聞くと、顔のしわ取りに使うものだと思う人も多いかもしれませんが、顔のしわ取りに使うヒアルロン酸とは異なり、分子が大きいものを利用します。これは体に吸収されにくい特徴があるので、豊胸手術には最適といえます。手術痕が気になるかもしれませんが、気になるのは注射針の跡だけとなるでしょう。
多くの場合はバージスラインに沿って注入することになるので、しわに隠れてほとんど見えなくなります。費用は注入する量によっても異なりますが、一つの目安として約30万円前後となるでしょう。個人差はあるものの約2年半は理想のバストの形を維持することができるでしょう。

脂肪注入による豊胸術

二つ目の方法が脂肪注入豊胸術です。これは自分の体の一部から脂肪吸引し、かわりにバストに注入する方法を指しています。余分な脂肪がある場所であればどこでも可能であり、ヒップやウエスト、太ももなど、特に脂肪が多い部分であれば吸引が可能です。バージススラインに沿って、注入していきます。さまざまな手術方法の中でも、一番柔らかく仕上がるといわれています。費用は幅が広い傾向にあり、約40万円ほどからとされていますが、中には100万円を超えるケースも見られます。吸引した脂肪を選別したりすることによって費用が高くなる傾向にあります。

シリコンバックの豊胸術

三つ目はシリコンバックを挿入する豊胸術です。これは脇の下を切開して、ここからシリコンバッグを挿入していきます。ラウンド型涙型の2種類がありますが、豊胸手術が進歩するによって、柔らかく手触りのよいシリコンが増加傾向にあります。わきの下に約5センチほどの切開を行うことになり、ここから挿入しますが、脇のしわのようになっていくため少しずつ目立たなくなります。シリコンバッグの質により費用には大きな差がみられ、約30万円のほどで済ませられる場合もあれば、100万円以上かかる場合もあったりと幅広い傾向にあります。

それぞれの豊胸術のリスク

このようにさまざまな種類の豊胸手術があることがわかりますが、それぞれにリスクが伴うことを忘れてはなりません。
まず最初にヒアルロン酸注入の場合には、しこりができるケースが見られます。ヒアルロン酸はもとから人間の体に存在しているものの、一度に大量に注入する場合には、体が異物と判断することもあります。異物を排除するためにヒアルロン酸を膜で覆うことになるので、これがしこりにつながります
脂肪注入の場合には、たとえ自分の脂肪であったとしても体が受け付けなくなって、細胞が壊死してしまう可能性もあります万が一痛みや赤みが生じた場合には再手術をしなければならなくなるかもしれません。たくさんの脂肪を入れ過ぎてしまうと、体に吸収される脂肪の量が増えることになり、思っていたほどバストが大きくならないというケースも見られます。
シリコンバッグの挿入の場合には、バストがかたくなるトラブルが考えられます。これはシリコンバッグを体が異物と判断してしまうためで、こちらも膜で覆ってかためてしまう可能性があります。シリコンバッグの豊胸は半永久に維持できるといわれているものの、強い衝撃が加わった場合には破裂することも考えられます。特に質の悪いものだと破裂しやすいため、どのようなシリコンバッグを使うのか、カウンセリングが重要となります。

「とにかく大きくしたい!」という患者さんの要望に対して、NOの言えないドクターが招くトラブルもあります。もともと小さなバストの人の場合、大量の注入物を入れてしまうと、バストの皮膚が悲鳴をあげます。その結果、皮膚下でひどい内出血が起こり、長期間治らないケースがあるのです。注入した傷口から、ヒアルロン酸 や注入した脂肪が 漏れて出てきてしまったという事例も報告されています。
また、ヒアルロン酸は一度に大量にかたまりとして注入 すると、ヒアルロン酸の周囲に硬い膜ができます。外から触ってもわかるような硬いしこりになるので、いくら大きくしたいと患者さんが希望しても、ドクターの側で適正量を伝えて、納得してもらう必要があります。

引用元:ただ大きくすれば良いという考えが招くリスク

 

最終更新日

しこり , シリコン , ヒアルロン酸注入法 , リスク , 豊胸手術

    名称池田ゆう子クリニック
    詳細池田ゆう子先生が直接施術を担当し、女性院長だから女性のバストの悩みに親身に対応してくれます。
    2002年の開業から当時まだあまり普及していない手術方法だった脂肪注入法豊胸手術を行っており1万件以上の実績があります。豊胸術の専門クリニックなので、豊胸メニューが豊富。バッグ抜去の相談もできます。
    詳細
    施術ノーマルバストアッププラン
    バストリアッププラン
    美乳プラン
    ステップアップバストアッププラン
    バストエイジングケアプラン
    プチ豊胸
    値段ノーマルバストアッププラン:75万円~(脂肪吸引個所数による)
    美乳プラン:50万円
    ステップアップバストアッププラン:228万円
    バストエイジングケアプラン:75万円~
    プチ豊胸:10cc 20,000円
    ※全て税別
    カウンセリング費用ドクターカウンセリング:無料
    備考モニター制度あり
    所在地東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
      名称新宿御苑美容クリニック
      詳細新宿御苑美容クリニックでは、小さい・左右非対称といったバストサイズのお悩みから 乳首・乳輪などバスト全般に関するご相談ができます。専門ドクターが在籍しており 東京、埼玉以外の遠方から通う方もいる人気のクリニックです。ダウンタイムの少なく、注入する箇所を調整することで自由にバストラインを形成する事ができるヒアルロン酸注入をおすすめしています。
      詳細
      施術ヒアルロン酸豊胸注射
      値段ヒアルロン酸豊胸注射(10cc~50cc注入場合):1cc 3,800円
      ヒアルロン酸豊胸注射(50cc~100cc注入の場合):1cc 3,500円
      ※全て税別
      カウンセリング費用別途、麻酔代・手技料がかかります。
      備考豊胸ヒアルロン酸注入に力を入れており、バストラインの形成や左右差などのお悩みにお応えしてくれます。
      所在地東京都新宿区新宿2丁目3-16 ライオンズマンション御苑前105号
        名称ガーデンクリニック
        詳細女性のお悩みのバストは形や大きさ、左右差など、様々な種類があります。患者様のご希望のライフスタイルに合わせた方法をご提案し、こだわりの美しいバストラインを形成する提案をしてくれます。脂肪注入法が3種類あり、特殊フィルターを通した純度の高い脂肪で脂肪細胞の劣化を抑える「ピュアグラフト豊胸」、専用注入器で脂肪を注入して定着力を高める「プレミアム豊胸」、遠心分離機にかけて濃縮した脂肪細胞を注入する「コンデンスリッチ豊胸」を行っています。
        詳細
        施術ヒアルロン酸注入による豊胸
        脂肪の注入による豊胸
        プレミアム豊胸
        ピュアグラフト豊胸
        コンデンスリッチ豊胸
        シリコンバッグによる豊胸
        値段ヒアルロン酸注入による豊胸:60cc(両胸)/400,000円
        脂肪の注入による豊胸:400,000円~1,600,000円+脂肪吸引代
        シリコンバッグによる豊胸:1,000,000円~1,300,000円
        ※全て税別
        カウンセリング費用初診料:無料
        備考モニター割引あります。
        アフターケアも万全で、術後の痛みやダウンタイム軽減効果が期待できる、CETインディバ高周波を使った高周波温熱療法を2ヶ月間受けられます。
        所在地東京都豊島区南池袋 2-26-6 島倉ビル 3・4F他新宿、品川、横浜、名古屋、大阪、福岡