最近、性同一性障害に対する認知が高まりつつあることは、社会的にも良い動きであると受け止められつつあります。メディアが先頭に立ち、テレビドラマや特集などで心と体が一致していない人たちの苦悩について取り上げられたことで、認知が高まりました。本当の自分はこの体ではない、心と体が一致していないということは本人にとっては大変つらいことであることは、当事者でなければ分かりえないことであると言えます。社会的な変化と共に、心と体の不一致を解消するための方法が確立され、より自分らしく生きるための社会的なサポートを受けることができるように徐々にではありますが、日本社会が変化しつつあります。心と体の不一致を解消するための最も効果的な方法は、やはり性転換手術を除いて他にはありません。心と体を一致させ自分らしく行きていくためには、この手術を受けることが何よりも本人にとって重要なことです。とても体への負担が大きく難しい手術であることから、費用がかかるだけでなく体への痛みも伴うことから重要な決断をすることが大切です。性転換手術は、別名性別適合手術とも言われ、性別の不一致や性同一性障害の悩みを抱える人に対して、外科の手法を用いてその適合を図る治療方法の一環であると認められているのです。
男性から女性への性転換を行う場合に重要な要素は、女性らしい体つきを手に入れることです。その省庁とも言われているのが、豊かなバストを手に入れることであり、これは豊胸手術を受ければ比較的簡単に理想的なバストを手に入れることができるのです。女性になるための性別適合手術では、まずは男性器を取り除き、女性器を人工的に作り出すという方法が採られます。これは、性同一性障害を抱える人にとっては、大変重要な要素であり、体がどんどん自分の考えているものと一致すること、つまり、性別の一致がなされることは自分らしさへの欲求を満たし、心と体のバランスを図ることを目的としています。確かに、性転換手術は大変な手術であることは言うまでもありませんが、心と体の一致を図る上では大変重要性が高い方法であると言えるのです。男性から女性への性転換を行う場合には、医師のカウンセリングを受けながらホルモン注射を打つことになります。こうすることで女性らしい丸みを帯びた体をホルモンの力を借りながら作り出すことができるようになるのです。
豊胸手術をすることの重要性というのは、人工的な方法を用いて豊かな女性らしいバストを手に入れることにつきます。もちろん、この手術は故人の意思に基づくものであるため、必要ないと考える人の場合にはこの手術を受ける必要は一切ありません。ただ、豊かなバストというのは、女性らしさの省庁であることもあってか豊胸手術を希望する性同一性障害を抱える人がとても多いのです。最近では、豊胸の手術方法は様々な方法が開発されより安全に手術をうけることができるようになりました。一番手軽なヒアルロン酸注入から、人工乳腺法、脂肪注入による豊胸術など滝に昇るため、意思と相談の上で自分の理想とする方法で豊胸手術を受けることができるようになりました。ホルモン注射だけでは、満足のいくだけのバストを手に入れることができるとは限りません。そのため、やはり豊胸という方法を使って理想的な豊かなバストを手に入れることが、性別の不一致を解消するための画期的な方法なのです。
最後に、性同一性障害が社会的に認知されるようになり、そうした障害を抱える人達が少しでも暮らしやすい環境を得られるようにとのことから、法律で性別適合手術を行うことが認められるようになり、自分らしく生きることができるようになりました。