豊胸手術で術後の痛みについて

男性の象徴である性器の悩みを抱えている男性が多いのと同様に、女性の中でも象徴であるバストの悩みを抱えている人が多いのです。そういった女性のバストの悩みを解消してくれる画期的な方法として考え出されたのが豊胸手術です。豊胸手術をするだけで小さいバストを大きくすることができるため、バストのサイズで悩んでいた人の救世主と言っても過言ではありません。また、最近ではバストのサイズではなく形を良くすることを目的として豊胸手術を受ける人が増えてきており、需要に比例するようにして手術の方法も増えてきているのです。そこで気になるのが術後の痛みです。美容整形の一つとして考えられている豊胸では、術後のダウンタイムに対する関心も高く、ダウンタイムの長さは手術方法によって大きく変わってきます。そこで、今回は具体的な豊胸の方法とその後のダウンタイムの特徴について解説し、より安全性の高い豊胸について提唱していくことを目的としています。
まず、最も手軽な豊胸の方法としてはヒアルロン酸注入が広く用いられている方法です。この方法は常に進化を続けており、最近では低吸収ヒアルロン酸注入豊胸法が用いられるようになり、それに合わせて新手法のエコーガイド下注入法が開発され、より安全かつ長持ちする豊胸のプチ整形が考案されました。低吸収ヒアルロン酸は通常のヒアルロン酸に比べて吸収されにくく、また、触感や見た目も豊胸していることを忘れるほど自然な状態を保つことができるようになったことから需要が高まっています。ヒアルロン酸を乳腺と胸筋の間に正確の注入するためのエコーガイド下注入法の開発によってより正確かつ安全に注入ができるようになったのです。そのため、ダウンタイムもほとんどなく安全性を確保した上で施術を受けられるので、術後に痛みを伴うことは殆どないのが特徴です。
次に、人工乳腺バッグを挿入する方法での豊胸があります。この方法では大胸筋下、乳腺下、もしくは胸筋膜下之いずれかに個人に合わせてオーダーメイドで人工乳腺バッグを挿入する方法です。ヒアルロン酸注入に比べて半永久的に豊胸を持続させることができ、またバッグの大きさはオーダーメイドで指定することができるとあって効果の高い豊胸として高く評価されています。気になる術後の痛みですが、手術に際してアンダーバストもしくは脇の下を数センチ切開する必要があるため、ダウンタイムを必要とする手術方法であることは事実です。しかしながら、手術の安全性が確保されているので、安心して手術をうけることができるようになっているのです。切開口はたったの4センチなので、術後も傷が目立ちにくく、内緒で豊胸をしたいという方にはおすすめできる豊胸方法です。手術を受けたあとはマッサージをすることによって自然なバストの柔らかさを維持することができるようになっています。
最後に紹介したいのは、脂肪注入による豊胸術です。自分自身の脂肪を使用するため、拒否反応が起こりにくく術後の心配もない安全性の高い豊胸法として注目を集めてきました。以前は脂肪が吸収されてしまい、効果が薄いことが懸念されていましたが、現在では改善されて生着した脂肪については半永久的に残るようになっています。デメリットとしては半分は体に吸収されてしまうことですが、残り半分は豊胸として半永久的に残るようになっています。気になる手術のあとの痛みについてですが、注入した脂肪の量によって異なるものの、手術の後の3日間は痛みを伴い、また腫れてしまう事があります。ただ、時間の経過とともに腫れは引いていき、見た目も本物のバストと遜色ないような状態に落ち着くので問題ありません。