ホーム 運営者情報 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

豊胸手術によるしこりとトラブル

ヒアルロン酸や脂肪注入の豊胸手術後のしこり

豊胸手術を受けたあとに、しこりができたなどのトラブルをかかる事例が増加を見せています。それ以外にも左右で形がちがう、段差がみられたり乳房の一部にひきつれがみられるなど多彩な様相を呈するのが特徴ですが、本来はバストアップを目指して審美的に満足を得るための手術を受けたにもかかかわらず、予想外の結果にショックを受ける女性は珍しくないのです。
原因には色々想定されますが、人工乳腺によるトラブルや、ヒアルロン酸などの注入により周囲の乳腺組織や大胸筋などに漏れ出す、脂肪注入などがときにしこりを形成するなどがあります。

医師の経験と技術不足によるトラブル

豊胸手術そのものは技術的には確立されたものですが、トラブル事例が増加している背景には執刀する医師の経験や技術不足とシリコンバッグなどの内容物の粗悪さに起因する部分が大きいといえます。
女性らしさの象徴であり、授乳による育児を行なうためにも重要な器官であるバストですが、審美的も機能的にも満足するべき結果を得るためには、胸部の筋肉や脂肪組織、乳腺組織についての深い解剖学的治験と確かな技術が要求されます。とりわけ人工乳腺をインプランとする手術は、美容クリニックでも人気の手術になるので、普段は顔などの美容整形をおこなっている医師が執刀する場合も珍しくありません。普段は執刀することのないバストも取扱うことで、危険不足や技術不足に起因するトラブルの発生を招いているといって間違いないでしょう。

人工乳腺バッグの劣化によるトラブル

よく豊胸手術に使用されている人工乳腺バッグの品質そのものもかなり深刻な問題になっています。手術後、数年程度は問題なく経過していたにもかかわらず、経年劣化が進行し耐久性が落ちてしまって、最悪の場合には内容物が周辺の組織に漏出するといった深刻なトラブルをもたらしています。一度漏れだしてしまうと、外科的に手術しても完全に除去するのは困難です。

ヒアルロン酸豊胸の効果持続期間は、使用するヒアルロン酸の種類によって数カ月~3年と様々ですが、シリコンバッグ豊胸や脂肪注入術と比較すると短期間とお考えください。また、持続期間と言っても、注入直後の体積が維持されるのではなく、徐々に吸収されて体積が減少していくことに留意してください。 「現代医学の力でもっともっと長持ちするヒアルロン酸が登場するのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的には持続期間(ヒアルロン酸の吸収されにくさ)は粒子のサイズに比例しますので、大きい粒子のヒアルロン酸にすれば持続期間は長くなりますが、触った際の感触が硬くなるというデメリットが出てきてしまう為、なかなか難しいようです。

引用元:一生ものの豊胸術って、どの方法?

乳がん検診とシリコンバッグのトラブル

しかし一度、豊胸手術後にしこりができてしまったら、何らかの対策をとる必要があります。ただしここで注意するべきなのは、成年女性では常に乳がんの危険が存在するということです。シリコンバッグが入っていると、品質によっては触感が自然な乳房組織と異なっている場合があります。仮にシリコンバッグなどのインプラントに問題がなくても、がんなどの腫瘍が発生しているときも、しこりとして診断されることがしばしばあります。
そのため豊胸手術を受けたクリニックでは乳がんなどの腫瘍の疑いがある場合には、確定診断の為に専門の乳腺外科などに紹介する場合が多いようです。この点はクリニックによっても異なっていて、乳腺外科も診療科目に掲げており、一般医療にも取り組んでいる場合には、確定診断などもワンストップで対応してくれる施設もあるようです。

脂肪注入、ヒアルロン酸注入の豊胸手術のしこりの場合

それでは乳がんなどの他の疾患の可能性が否定される場合に、豊胸手術の失敗のケアはどのように行なわれているのででしょうか。この問題の検討に当たっては、何を胸に移植したかによってアプローチが異なっています。例えば脂肪注入の場合、必ずしも外科的に除去する必要がないことがあります。自分の細胞なので拒絶反応の心配もなく、サイズによっては体内に吸収されることも考えられるからです。

これに対して脂肪注入以外、ヒアルロン酸が原因の場合には、体内の異物が何らかの原因で破綻していると考えられるので外科的に除去するのが原則になります。そのため美容クリニックで対応するのは難しく一般の乳腺外科を紹介してもらって治療を受けることになるのが一般的です。
豊胸手術によるトラブルは増加しており、一部の薬剤は使用禁止の方向性も研究者より示唆されています。リスクを十分踏まえたうえで豊胸手術を受けるべきかを判断するのが賢明です。

最終更新日

しこり , カプセル拘縮 , クリニック , シリコン , シリコンバック入れ替え , デメリット , トラブル , バッグ挿入法 , ヒアルロン酸 , ヒアルロン酸注入法 , 乳がん , 乳がん検診 , 人工乳腺法 , 他院修正 , 授乳 , 脂肪注入法 , 豊胸手術

    名称池田ゆう子クリニック
    詳細池田ゆう子先生が直接施術を担当し、女性院長だから女性のバストの悩みに親身に対応してくれます。
    2002年の開業から当時まだあまり普及していない手術方法だった脂肪注入法豊胸手術を行っており1万件以上の実績があります。豊胸術の専門クリニックなので、豊胸メニューが豊富。バッグ抜去の相談もできます。
    詳細
    施術ノーマルバストアッププラン
    バストリアッププラン
    美乳プラン
    ステップアップバストアッププラン
    バストエイジングケアプラン
    プチ豊胸
    値段ノーマルバストアッププラン:75万円~(脂肪吸引個所数による)
    美乳プラン:50万円
    ステップアップバストアッププラン:228万円
    バストエイジングケアプラン:75万円~
    プチ豊胸:10cc 20,000円
    ※全て税別
    カウンセリング費用ドクターカウンセリング:無料
    備考モニター制度あり
    所在地東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
      名称新宿御苑美容クリニック
      詳細新宿御苑美容クリニックでは、小さい・左右非対称といったバストサイズのお悩みから 乳首・乳輪などバスト全般に関するご相談ができます。専門ドクターが在籍しており 東京、埼玉以外の遠方から通う方もいる人気のクリニックです。ダウンタイムの少なく、注入する箇所を調整することで自由にバストラインを形成する事ができるヒアルロン酸注入をおすすめしています。
      詳細
      施術ヒアルロン酸豊胸注射
      値段ヒアルロン酸豊胸注射(10cc~50cc注入場合):1cc 3,800円
      ヒアルロン酸豊胸注射(50cc~100cc注入の場合):1cc 3,500円
      ※全て税別
      カウンセリング費用別途、麻酔代・手技料がかかります。
      備考豊胸ヒアルロン酸注入に力を入れており、バストラインの形成や左右差などのお悩みにお応えしてくれます。
      所在地東京都新宿区新宿2丁目3-16 ライオンズマンション御苑前105号
        名称ガーデンクリニック
        詳細女性のお悩みのバストは形や大きさ、左右差など、様々な種類があります。患者様のご希望のライフスタイルに合わせた方法をご提案し、こだわりの美しいバストラインを形成する提案をしてくれます。脂肪注入法が3種類あり、特殊フィルターを通した純度の高い脂肪で脂肪細胞の劣化を抑える「ピュアグラフト豊胸」、専用注入器で脂肪を注入して定着力を高める「プレミアム豊胸」、遠心分離機にかけて濃縮した脂肪細胞を注入する「コンデンスリッチ豊胸」を行っています。
        詳細
        施術ヒアルロン酸注入による豊胸
        脂肪の注入による豊胸
        プレミアム豊胸
        ピュアグラフト豊胸
        コンデンスリッチ豊胸
        シリコンバッグによる豊胸
        値段ヒアルロン酸注入による豊胸:60cc(両胸)/400,000円
        脂肪の注入による豊胸:400,000円~1,600,000円+脂肪吸引代
        シリコンバッグによる豊胸:1,000,000円~1,300,000円
        ※全て税別
        カウンセリング費用初診料:無料
        備考モニター割引あります。
        アフターケアも万全で、術後の痛みやダウンタイム軽減効果が期待できる、CETインディバ高周波を使った高周波温熱療法を2ヶ月間受けられます。
        所在地東京都豊島区南池袋 2-26-6 島倉ビル 3・4F他新宿、品川、横浜、名古屋、大阪、福岡