豊胸手術のエトセトラ

   

豊胸手術による傷あとはどれぐらい残るのか

美容整形にも色々な種類がありますが、ボディラインを美しくするための治療も高い人気となっています。
脂肪吸引のような痩身治療も人気がありますが、逆に体にボリュームを与えるための治療を選ぶ人も少なくありません。
女性の体では特に豊かなバストは魅力的な部分ですが、バストが小さいと悩む女性は多いものです。もともと豊かなバストであった人も授乳の影響でしぼむ、加齢の影響で下がってしまうということもあります。
バストを豊かに保つためにはマッサージやエクササイズなどの努力も行っていきたいところですが、成人してからでは努力だけで大幅なバストアップを実現するのは厳しいと言えるでしょう。
すぐに理想のバストを得るのであれば、豊胸手術も検討していきたいところです。豊胸手術にも色々な方法がありますが、できることなら傷あとが目立たない方法を選びたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
バストに傷をつけずにすぐに豊かな胸を作る方法としてはヒアルロン酸注入法があげられます。
ヒアルロン酸は美容医療でもシワとりなどに役立てられている治療方法ですが、バストアップにも良い効果を発揮してくれます。この治療だけでは大幅なバストアップは難しいものがありますが、1カップだけ大きくしたい左右差を整えたいなどの場合にはとても向いている治療方法と言えるでしょう。
治療方法は、顔の場合と同じように注射器に入れたヒアルロン酸をボリュームを出したい部分に注入していきます。このときも極細の針が使われますので、傷跡も最小限に抑えることができます。
メスを使う治療とは違いますので、短時間で終わることができダウンタイムがほとんどないのもメリットです。
簡単に行える治療方法ですが、永久的な効果ではなく少しずつ体に吸収されていきます。効果を持続させるためには繰り返し治療を行うことになります。
傷あとが目立たない治療を選びたいという人は脂肪注入によるバストアップにも注目してみましょう。これはお腹やヒップなどの気になる部位から脂肪吸引し、その中から質の良い脂肪を選んでバストに注入するという方法です。バストへの注入は注射器で行いますのでバストに傷が残る心配はありません。脂肪吸引する部位では切開が行われますが、この時もシワ部分を利用するなど目立たないところを選びますし、切開部分も大きくはありませんので、それほど目立つ心配はないと言えます。治療直後はやや傷が目立つ場合もありますが、時間の経過とともに段々と目立たなくなっていきます。
脂肪注入法による豊胸手術はかつては石灰化のリスクや脂肪の定着率が悪いという欠点もありましたが、最新の治療ではより石灰化も少なく脂肪の定着率もアップしています。見た目も感触も自然の胸と近いものがありますので、できるだけ自然な仕上がりを目指す人にぴったりの治療と言えるでしょう。
大幅なバストアップを希望するのであればシリコンバッグの挿入による豊胸手術も検討していきたいところです。
バッグを挿入するには切開を行う必要がありますので、さすがに無傷というわけにはいきません。とはいえ、シリコンバッグの挿入も日本では脇の下からの切開で行うことが多くなっていますので、バストに大きな傷が残る心配はないと言えます。脇の下の傷跡も気になるところですが、次第にシワと同化されていきますので、だんだんと目立たなくなります。治療直後にノースリーブなどを避ければ、まず人に気づかれる心配はないと言えるでしょう。
治療方法によってはアンダーバストから切開を行うこともありますが、この場合は仰向けに寝ると傷が見えてしまうことになります。アンダーバストの傷跡も次第に目立たなくなりますが、半年から一年ぐらいの期間は必要と考えておきたいところです。

ヒアルロン酸注入法 , 授乳 , 脂肪注入法