形良く豊かなバストは、女性らしい魅力を大きく引き立ててくれるものです。胸のサイズにコンプレックスがあり気になっている、そんな女性も多くいるのではないでしょうか。着たい洋服が似合わない、もっとバストが大きければ色々なファッションが楽しめるのにと感じている人も多そうです。
美容クリニックではバストの形を整えたりサイズをアップする様々な施術が提供されています。美容クリニックの施術は確実にバストを大きく出来る方法として、美に関心の高い方から選ばれているようです。効果については高い評価を得ている豊胸手術ですが、安全性についてはどうなのでしょうか。手術に伴うリスクや失敗の可能性について、チェックしていきましょう。
豊胸手術には様々な種類があり、方法によってダウンタイムの長さや効果の度合いが異なっています。代表的な手術方法としてシリコンバッグ注入と脂肪注入、そしてヒアルロン酸注入が挙げられます。シリコンバッグ注入は文字通りシリコンで作られた豊胸バッグを体内に埋め込むというものです。この方法であれば最大で3サイズアップも可能であり、一度手術をするとその効果を長く持続させることができます。
脂肪注入とは体の別の場所から吸引した脂肪組織を、乳房に注入するという手術です。この手術では注射器が用いられるため、皮膚の切開幅が小さく手術跡が残りにくいというメリットを持っています。自身の脂肪組織を用いますから自然な仕上がりとなり、アレルギーや拒絶反応が起きる心配もありません。ただし脂肪は燃焼されてしまう可能性がありますので、効果の持続性についてはシリコンよりも低くなります。
ヒアルロン酸注入は化粧品等に使用されるヒアルロン酸を、バストに注入しサイズアップを行う施術です。注射器による注入を行うため皮膚切開の必要がなく、また費用も安いというメリットを持っています。安全性の高い施術ですがヒアルロン酸は一定期間を過ぎると体内に吸収されてしまうため、効果に永続性はありません。
シリコンバッグ注入手術の失敗リスクとして、切開跡が残ってしまう可能性や異物感などを挙げることができます。切開する位置はワキの下やアンダーバストとなりますので、通常であればあまり目立つことはないでしょう。またほとんどの場合、切開跡は徐々に白くなり消えていくとされています。しかし体質によっては小さな跡が残ってしまうもあるようです。
脂肪注入による豊胸手術の失敗リスクとして、太ももなど脂肪を吸引した部分に跡が残るということが挙げられます。通常であれば均一に脂肪が吸引され、吸引後に見た目を損なうようなことはないとされています。しかしどのような手術であっても、常に100%上手くいくとは限らないものです。
ヒアルロン酸注入の場合、失敗リスクは非常に低いとされており、トラブルが起きる可能性もほとんどないといわれています。ただし効果の持続性に限りがあるため、豊胸した状態を保つためには1~2年間隔での再施術が必要となります。体への負担が少なく再施術がしやすい方法でもありますので、もしも仕上がりが希望と異なるとなった場合でも対応しやすいというメリットがあります。
リスクの低さではヒアルロン酸注入、そして効果の持続性についてはシリコンバッグ注入がもっとも優れているといえるでしょう。いずれの手術も安全性が高いといわれていますが、絶対に失敗が起らないと言い切ることはできません。豊胸手術を受ける際には安全性や効果の持続期間などについてしっかりと確認し、医師と相談をしながら手術方法を選択することが大切でしょう。メリットや手術内容を正しく知り、自分にとって納得の出来る方法を選びたいものです。