外見の悩みは人それぞれ違いがありますが、女性の体の魅力は豊かなバストにあることもあり、胸の大きさや形で悩む人は少なくありません。理想の美しいバストを得るためにマッサージやトレーニングなどの努力を続ける人も多いですが、バストだけをピンポイントで豊かにするのは難しいものがあります。
即効性を期待するのであれば、豊胸手術も検討してみましょう。この方法であれば一度の施術で豊かできれいな形のバストに整えることができますし、効果は長期に持続します。
とはいえ、豊胸手術をするとバストに傷が残ってしまわないのか、治療を受けたことが人に知られてしまうのではないかと心配している人もあるのではないでしょうか。
まず、現在は美容医療も進化しており、切開を行わずにバストを豊かにすることができます。特にヒアルロン酸豊胸は注射だけで行えるので短時間でバストアップできますし、針も極細のものが選ばれますので目立つ傷が残る心配もありません。
最近はこうした治療でバストを豊かにする人も増えていますが、大幅なバストアップが難しいこと、永久的な効果ではなく、少しずつ体に吸収されていくという欠点もあります。
この他では自らの脂肪を吸引して、それをバストに注入する脂肪注入法も人気です。この場合であればバストの部分は注射だけで行えるので傷が目立つ心配はありません。最近はより石灰化やしこりのリスクが少ない治療も登場していますし、見た目や感触も自然なものが得られます。さらに、バストアップと痩身が同時に行えるのもこの治療の良いところです。脂肪吸引する部位は切開も必要ですが、切開場所は目立たない部分で行われますし、切開部分も小さいのでこちらもあまり目立つ心配はないと言えるでしょう。
より大幅なバストアップを期待している、半永久的な効果を得たいのであれば、やはりシリコンなど人工乳腺を挿入することになります。
この場合は、ヒアルロン酸などのプチ整形と比べて、本格的な治療となりますのでそれだけ体への負担も大きくなることは理解しておきましょう。
バッグを挿入するとなると、やはり気になるのは切開場所です。バストが豊かにきれいになるのは良いけれど、傷が残ってしまうのは困ると感じている人は多いのではないでしょうか。
バストを切開しなくてはいけないというイメージもありますが、バストに傷を残したくない場合は脇の下からバッグを挿入する方法があります。この場合は脇の下のしわに沿って切開し、スペースを作りバッグを挿入していきます。
脇には少し傷が残ることになりますが、日数が経つごとに段々と目立たなくなっていきます。バストに傷が残らないのがメリットですが、手探りでの治療となりますので、高い技術力や豊富な経験が必要となる方法です。
この他では乳房の下の溝に沿って切開を行い、バッグを挿入する方法もあります。こちらは傷が目立たなくなるまでやや時間も掛かりますが、その代わり直接目で確認して手術ができますので、血管や神経を避けることができ、より安全性の高い治療ができるのがメリットです。バッグが上に上がらずしっかり固定されること、バッグと傷の位置が近いためにより痛みが少ないというメリットもあります。バスト付近に傷が残るのは困るという人もあるかもしれませんが、傷はバストの下に隠れますので、表面からは見える心配はありません。あおむけになった際などには見える可能性がありますが、少しずつ目立たなくなっていきます。
シリコンバッグを挿入する際は、医師としっかり相談して最適な方法を選びましょう。バストの下で切開する場合も脇で切開する場合も位置を間違ってしまうとやはり傷は目立つことになりますので、できるだけ高い技術力で対応してくれる医療機関を選びましょう。