ホーム 運営者情報 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

豊胸手術をした後の乳がん検診

乳がんと乳がん検診

乳がんにかかる女性の数が先進国の中で日本だけが増えているそうです。統計によると12人に1人が乳がんを発症すると言われています。食生活が欧米化していること関係がありそうですが、他の癌に比べると20代や30代の若い女性でも発症してしまうことが少なくないのが特徴で、若くして乳がんを発症すると進行が早いためにあっという間に転移して、最悪の場合死亡してしまうケースもあります。これは本当に大きな問題で、乳がんによる死亡リスクを少しでも軽減させるためには、定期的な乳がん検診が必須です。

乳がん検診の種類

検診の方法はマンモグラフィやエコー、触診などが一般的ですが、マンモグラフィは広範囲に検査が可能で、微細な石灰化の段階の腫瘍を発見することができるのに対して、若い女性は乳腺が多く乳腺と癌の判別が難しいためにあまり向いていません。また量は少ないですが被ばくの心配もあります。若い女性であればエコー検査が良いでしょう。触診ではわからない腫瘍を発見することができます。ただ微細な石灰化は発見しにくいです。

豊胸手術をしていると乳がん検診は受けられるのか?

ところで、乳がん検診が重要であることは多くの女性が理解しているところですが、もし豊胸手術を受けた場合はどうなるのでしょう。手術したためにうまく検査することができなくなるという心配はないでしょうか。バストが小さいと言うことでコンプレックスを持っている女性は大勢います。そんな女性にとって豊胸手術はコンプレックスから解放されるための希望と言っても過言ではありません。しかし、それによってもし乳がんの検査をきちんと行うことができず、それがために命取りになってしまうようなことでもあれば、元も子もありません。

豊胸手術には「インプラント注入」や「脂肪注入」、「ヒアルロン酸注入」など、色々な方法がありますが、どのような方法で手術をしていたとしても問題なく乳がん検診は可能です。手術の方法によって適した検査の方法は異なりますが、精度の高い機器を使えば、術後でもきちんと乳がん検診を行うことができるので心配はありません。

インプラント注入の豊胸術の場合はMRIがおすすめ

たとえば、「インプラント注入」による豊胸手術を行っている場合は、MRIを使って調べていくことによって、早期がんをいち早く見つけることができます。それだけでなく万が一インプラントが中で破裂してしまっていたとしても、それをいち早く見つけ出すこともできます。ある病院では20%近くの女性に、インプラントの破損が見つかったのだそうです。これはかなりの割合です。このようなことからフランスのPIP社やブラジルのSilmed社の人工乳腺バッグは現在国際的に抜去が勧められています。

豊胸手術に詳しい医師やクリニックでの検診が安心

ただ豊胸のためのインプラントやその他の注入成分のことをあまりよく知らない医師もいます。そのような医師の場合、誤診を招く可能性もあるので、検診の前に豊胸手術を行っていることを伝えるか、できれば豊胸手術に詳しい医師のもとで乳がん検診を受けるのが安心です。たとえば手術を行っている美容外科などでは、手術だけでなく検診まで行っている場合も少なくありません。

Q3 豊胸術(シリコン挿入など)をしている場合も受診できますか。
A3豊胸術後の検査は不可能ではありませんが、検査の精度の低下、安全性の問題から、無症状者と同じ検診を受けることは望ましくありません。また、何らかの症状などがある場合には、病院を受診する必要があります。

引用元:乳がん検診 Q&A

専門病院の乳がん検診「マンモトーム」が有効

また専門病院による乳がん検診では、マンモグラフィやエコー検査だけでなく、若い女性に増えている「非浸潤がん」を調べるために有効なマンモトームによる組織生研を行うこともあります。通常がんは周囲の組織に浸潤しながら広がり、しこりを形成していきます。しかし非浸潤がんでは、浸潤することなく乳管の中を這うように広がるためにマンモグラフィだけでは、がんがどこにあるのかわからないのです。そのようなケースにマンモトームは効果的です。さらに良性か悪性かを判別するために乳房MRIを実施することもあります。費用については精密検査の方法や保険適用の有無によっても変わってくるので、事前によく確認すると安心です。

最終更新日

しこり , クリニック , ヒアルロン酸注入法 , 乳がん , 乳がん検診 , 人工乳腺法 , 検診 , 脂肪注入法 , 術後

    名称池田ゆう子クリニック
    詳細池田ゆう子先生が直接施術を担当し、女性院長だから女性のバストの悩みに親身に対応してくれます。
    2002年の開業から当時まだあまり普及していない手術方法だった脂肪注入法豊胸手術を行っており1万件以上の実績があります。豊胸術の専門クリニックなので、豊胸メニューが豊富。バッグ抜去の相談もできます。
    詳細
    施術ノーマルバストアッププラン
    バストリアッププラン
    美乳プラン
    ステップアップバストアッププラン
    バストエイジングケアプラン
    プチ豊胸
    値段ノーマルバストアッププラン:75万円~(脂肪吸引個所数による)
    美乳プラン:50万円
    ステップアップバストアッププラン:228万円
    バストエイジングケアプラン:75万円~
    プチ豊胸:10cc 20,000円
    ※全て税別
    カウンセリング費用ドクターカウンセリング:無料
    備考モニター制度あり
    所在地東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
      名称新宿御苑美容クリニック
      詳細新宿御苑美容クリニックでは、小さい・左右非対称といったバストサイズのお悩みから 乳首・乳輪などバスト全般に関するご相談ができます。専門ドクターが在籍しており 東京、埼玉以外の遠方から通う方もいる人気のクリニックです。ダウンタイムの少なく、注入する箇所を調整することで自由にバストラインを形成する事ができるヒアルロン酸注入をおすすめしています。
      詳細
      施術ヒアルロン酸豊胸注射
      値段ヒアルロン酸豊胸注射(10cc~50cc注入場合):1cc 3,800円
      ヒアルロン酸豊胸注射(50cc~100cc注入の場合):1cc 3,500円
      ※全て税別
      カウンセリング費用別途、麻酔代・手技料がかかります。
      備考豊胸ヒアルロン酸注入に力を入れており、バストラインの形成や左右差などのお悩みにお応えしてくれます。
      所在地東京都新宿区新宿2丁目3-16 ライオンズマンション御苑前105号
        名称ガーデンクリニック
        詳細女性のお悩みのバストは形や大きさ、左右差など、様々な種類があります。患者様のご希望のライフスタイルに合わせた方法をご提案し、こだわりの美しいバストラインを形成する提案をしてくれます。脂肪注入法が3種類あり、特殊フィルターを通した純度の高い脂肪で脂肪細胞の劣化を抑える「ピュアグラフト豊胸」、専用注入器で脂肪を注入して定着力を高める「プレミアム豊胸」、遠心分離機にかけて濃縮した脂肪細胞を注入する「コンデンスリッチ豊胸」を行っています。
        詳細
        施術ヒアルロン酸注入による豊胸
        脂肪の注入による豊胸
        プレミアム豊胸
        ピュアグラフト豊胸
        コンデンスリッチ豊胸
        シリコンバッグによる豊胸
        値段ヒアルロン酸注入による豊胸:60cc(両胸)/400,000円
        脂肪の注入による豊胸:400,000円~1,600,000円+脂肪吸引代
        シリコンバッグによる豊胸:1,000,000円~1,300,000円
        ※全て税別
        カウンセリング費用初診料:無料
        備考モニター割引あります。
        アフターケアも万全で、術後の痛みやダウンタイム軽減効果が期待できる、CETインディバ高周波を使った高周波温熱療法を2ヶ月間受けられます。
        所在地東京都豊島区南池袋 2-26-6 島倉ビル 3・4F他新宿、品川、横浜、名古屋、大阪、福岡