豊胸手術のエトセトラ

   

豊胸手術をするとLEDなどで光るのは本当?

豊胸手術をするとLEDなどを当てた時に光るという噂がインターネットを中心に広がっていました。この噂は本当なのでしょうか。

そもそも豊胸手術を行う際に使用されるのがシリコンインプラントというものです。これは内部のシリコンと外の膜の構造で出来上がっています。このシリコンインプラントに光を外に漏れないような状態で強く当てた場合は、ライトのように光が浮かび上がって見えます。これが光るという状態です。災害時に水の入ったペットボトルをランプのように使用できる、ということとほぼ同じ原理となっています。シリコンインプラントによって豊胸手術を行った乳房に、LEDライトを外に光が漏れないように強く押し当てるとランプのように浮かび上がります。そのため、豊胸手術を行った場合はLEDを当てた時に光ることがあるそうです。ただ、手術を受けた方が全て光るというわけではありません。シリコンインプラントを包んでいる乳房の入選や皮下脂肪の厚みがどのくらいあるかによって、シリコンインプラントが浮き出るかどうかは変わります。施術の技術によっても変わる可能性があります。もともとの乳房が小さく、入選や脂肪が初めから少ない人の場合はシリコンインプラントが皮膚のすぐ下に挿入されることになります。すると、明瞭にインプラントの形が浮き出る恐れがあります。逆に乳房が大きく入選や皮下脂肪が豊富にある場合はシリコンインプラントの形が浮き出にくくなります。筋肉の下に挿入する形をとっている場合も同様です。つまり、光るかどうかについては人それぞれということになります。インターネット上ではこの件に話題性があったので広まりましたが、実際にはすべて浮き出るということはありません。一方でケースによっては浮き出る可能性があるのも事実です。美容外科を行っているクリニックについては浮き出るか、そうでないかについて利用者に正直に伝える必要があります。豊胸の手術を受けようか悩んでいる方はそのことを相談してみることをお勧めします。その場合に明白な返答がもらえなかった場合はクリニックの変更も検討する必要があります。

乳房が光るのは非常に強い光を外に漏れないくらいの力で押し付けた時に限られます。実際にそのようなことをする機会はない方が大半です。つまり、LEDを使って手術を受けたかどうかを判断するのは難しいのが実際とされます。日常生活の中で光ってしまい、手術を受けたことが露見するということは基本的にありません。一方で手触りなどでバレてしまう可能性はあります。それらは豊胸手術の技術によるところが大きいとされます。同じような手術を受けたとしても施術の技術が低かったり、機器の性能が低かったりした場合はバレやすくなります。どうしてもバレたくないという場合は多少お金が高くかかったとしてもその点には注意することをお勧めします。

豊胸手術についての情報をたくさん話してくれるような方は基本的にいません。多くの方は知らなかったり、あるいはそのことについて語りたくなかったりするのが普通です。そのため、情報はインターネット上で収集するのが一般的と言えます。インターネット上の口コミの中にはデマもあるので注意が必要となります。複数の口コミを総合的に判断することをお勧めします。合う合わないもあるので鵜呑みにして施術を受けることは推奨しません。実際にカウンセリングを受けて心配事は全て話してみることをおすすめします。その時の様子で受けるクリニックを決めるという方法もおすすめです。いずれにしても一度施術を受けた後は元に戻すことが難しいので手術を受ける際には慎重な判断を行うことが重要です。

LEDライト , バッグ挿入法 , 豊胸手術